・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2020.8.24 未病改善ニュースレター 8月号
健康促進・未病改善医学会の活動報告です。今回は「第6回学術総会」のご報告や、学会運営の新体制のお知らせを掲載しています。
2020.4.28 COVID-19に関する漢方薬及び、食品の効果について
COVID-19に対して、漢方薬「麻黄」「細辛」および、食品「生姜」に予防、治療効果が期待できます。特に「生姜」は、一般の方でも手軽に摂取できる予防策としておすすめします。
2020.4.1 学術総会2020 中止のお知らせ
2
020年10月に開催を予定しておりました、学術総会2020は、新型コロナウイルス蔓延による感染対策等により、事前準備に支障をきたすなどの諸事情により開催を中止する事と致しました。ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一般に健康というと、今現在病気ではない状態と考える方が多いと思います。世界保健機構(WHO)が、憲章の中でHealth is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity. 健康とは病気でないとか弱っていないということではなく、肉体的にも精神的にもそして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳)と定義しているように「健康=病気ではない」だけではないのです。

実際に健康とされる人も病気に近い健康状態、もしくは自覚症状はないものの既に病気である状態の方が非常に多いのが現代の人々です。 この状況を変えるには本来の意味での健康に向かわせるというアプローチが重要であると考えます。そのためには予防医学のさらなる研究や健康増進、未病改善のための様々な研究が不可欠です。 またその研究を支援し、研究成果を健康を望む方たちへ広く伝えていく活動をする団体の存在も必要です。

国内にこのような主旨で活動する学会が今までになかったことに加え、今後の日本の日本人のためにも意義のあるとの思いから、この度学会の設立へと至りました。

日本人の健康促進のための活動、及び今後の広い意味での予防医学全体の発展のためにも、皆さまの御協力をお願い申し上げます。


代表理事 福沢嘉孝 代表理事 亀井勉